詳細情報

No.3937

2014-07-03 12:54:13 登録

水無月

地域 京都府
カテゴリ 料理・グルメ
京都では、古くより6月30日の夏越し(なごし)の祓(はらえ)には、 夏に病にかからぬように、これからの半年を災厄なくすごせるようにと水無月をいただきます。??水無月に託された思いは、夏を乗り切るための当時は貴重品だった氷をその形で表し、 小豆の厄祓を食べて浄化させることでした。
水無月の写真準備中
【水無月】をGoogleで検索

情報について

独自で集めた情報により、情報が古い場合や誤りがある場合がございます。その点はご了承下さいませ。
※登録日付時点での情報となっております。そのようなものは順次更新していきますのでお待ち下さいませ。

次の登録情報は→ 湯豆腐

関連情報


あなたにおすすめ

スマートフォン版はこちら