詳細情報

No.3467

2014-06-21 22:59:28 登録

鶏の水炊き

地域 福岡県/博多市
カテゴリ 料理・グルメ
鶏の水炊きの写真準備中
水炊きの名の通り、水からぶつ切りの骨付き鶏肉を煮込み、ねぎや好みの野菜を入れ、ポン酢で食す鍋料理。

起源には諸説あるが、一説には長崎にうまれた林田平三郎が明治30年に香港に渡った際に英国人の家庭で料理を学び、帰国後に西洋料理で欠かせないコンソメと中国鶏のスープのアレンジを行って明治38年に博多水炊きを完成させたのが起源といわれています。

現在では日本全国で食べられる福岡県の代表的な郷土鍋のひとつです。具を食べ終えた後に鶏のうまみで食べる雑炊も人気です。
・福岡県の定番グルメ「水炊き」は、濃厚な鶏ガラスープに、骨付き鶏肉が入る鍋料理!
・水炊きの主役は「スープ」。白濁のスープには鶏ガラから抽出したコラーゲンがたっぷり!お店で水炊きを食べるときは、まずスープを飲んで鶏のうま味を味わうという。
・福岡県の鶏肉専門店やスーパーでは、水炊き用の鶏肉や鶏ガラも販売。福岡県民は家庭で鶏ガラを水から煮込み、水炊きのスープを作る人も多いという。

鶏肉や鶏がらでだしを取りポン酢で食べる鍋料理。

博多では「水だき」と発音します。水炊きは、中国の鶏がらスープを使った料理をヒントに生まれた調理法といわれます。この料理のポイントは鶏肉の美味しさで、博多地鶏の雄若鶏を使います。
白濁したスープは鶏の旨さが充分に溶け出し、とろけるような舌触りが楽しめます。具を全部食べ終わったら、鍋に餅かうどんを入れて、最後にお茶漬け風にスープかけご飯にすると、美味しさが倍に広がります。
【鶏の水炊き】をGoogleで検索

情報について

独自で集めた情報により、情報が古い場合や誤りがある場合がございます。その点はご了承下さいませ。
※登録日付時点での情報となっております。そのようなものは順次更新していきますのでお待ち下さいませ。

次の登録情報は→ がめ煮

関連情報


あなたにおすすめ

スマートフォン版はこちら