詳細情報

2014-06-20 19:25:07 登録

No.3404

石狩鍋

地域 北海道
カテゴリ 料理・グルメ
石狩鍋の写真準備中
鮭・キャベツ・ジャガイモ・タマネギなどを煮込み、北海道の幸をたっぷり入れる鍋。
新鮮な鮭の身のぶつ切りと中骨を含めた「あら」を鍋に入れ、キャベツや玉ねぎ、豆腐などの野菜とともに味噌で味を調えて食す、北海道を代表する鍋料理。

石狩地方では江戸時代から鮭漁が行われ、船上で漁師たちが厳冬に耐えたご褒美として鍋を楽しんだ事が始まりとされます。

現在では全国にその名が知られる石狩鍋。平成20年には市内の飲食店店主らが石狩鍋PRを目的として「あき味の会」を設立し、市内外でのさらなる普及を行っています。残ったスープで食べる雑炊もまた美味。

その昔、漁師達が鮭を鍋にして食べた事から広まったと言われる料理で、戦後から食べられるようになりました。
主要な漁場が石狩川であったことからこの名前が付けられ、鮭一匹を余すことなく使い、北海道の醍醐味を味わえる料理です。本州の鍋と違い、白菜や里芋の代りにキャベツやジャガイモをいれます。

サケの身のぶつ切りと「あら」、そして鍋の具材としては珍しくもあるキャベツやタマネギを入れた《石狩鍋》は味噌味が基本。魚臭さを抑えてうま味を引き出すために「さんしょう」をかけるのが、本場の食べ方だそうですよ。
【石狩鍋】をGoogleで検索

情報について

独自で集めた情報により、情報が古い場合や誤りがある場合がございます。その点ご了承下さいませ。
※登録日付時点での情報となっております、ご確認下さいませ。

順次更新していきますのでお待ち下さいませ。

次の登録情報は→ 鮭ちゃんちゃん焼

関連情報


あなたにおすすめ

スマートフォン版はこちら