詳細情報

No.218

2013-02-05 14:56:34 登録

薩摩揚げ(さつまあげ・つけあげ)

地域 鹿児島県
カテゴリ 料理・グルメ
薩摩揚げ(さつまあげ・つけあげ)の写真準備中
野菜や魚に加え、水にまでこだわって作られたさつま揚げ。
「薩摩のつけあげ」とも言われている。

魚のすり身と野菜を使った揚げ物料理です。

琉球に魚肉のすり身で作るチキアギという揚げ物料理があり、この料理が薩摩に伝わったのがつけあげの発祥といわれています。鹿児島県でよく食されていることから、「さつまあげ」と呼ばれることも多いです。魚のすり身に使われるのはイワシやトビウオ、エソなどの脂肪分の少ない白身魚。使う野菜はさつまいもやにんじん、ごぼうなどです。

現在では鹿児島県を代表する郷土料理として、全国各地で食すことができます。

さつまあげは古く、島津藩政の頃より食されている伝統的な魚肉練り製品で、鹿児島の名産品です。
琉球料理で魚肉のすり身を油で揚げたものをチキアーギが薩摩に伝わり、つくあげになったといわれています。今では、低カロリー、低脂肪が全国的にうけています。

すり身にした魚を揚げた魚肉練り製品。薩摩藩から全国に広まったとされるが、起源については諸説がある。
【薩摩揚げ(さつまあげ・つけあげ)】をGoogleで検索

情報について

独自で集めた情報により、情報が古い場合や誤りがある場合がございます。その点はご了承下さいませ。
※登録日付時点での情報となっております。そのようなものは順次更新していきますのでお待ち下さいませ。

次の登録情報は→ わんこそば

関連情報


あなたにおすすめ

スマートフォン版はこちら